NLP(神経言語プログラミング) 北岡泰典公式WEBサイト

NLP(神経言語プログラミング) 北岡泰典 
   

北岡泰典動画/音源集

Ustream生放送!「映画『インセプション』のテーマ潜在意識を解説!変性意識の研究家北岡泰典」

2010 年 8 月 5 日 22 時-23 時にUstream生放送「映画『インセプション』のテーマ潜在意識を解説!変性意識の研究家北岡泰典」が行われました。

このイベントは、生放送中に Twitter などで質問していただくと、放送中に可能な範囲で北岡がその質問にお答えしていく生ライブです。 つまり、「視聴者参加型番組」です。

この生放送では、Inception のテーマである「潜在意識」について北岡が 1 時間程度フリートークをします。このテーマは、北岡の Meta Mind Work や 8 月末の河口湖合宿ワークショップの「無意識活性化」ワークとも密接な関係があります。簡単な北岡 によるデモ演習もなされます。

8 月 5 日に収録された録画映像 4 本に以下からアクセスすることができます。

 

映画「インセプション」のテーマ潜在意識を解説!変性意識の研究家北岡泰典 1の1

 

映画「インセプション」のテーマ潜在意識を解説!変性意識の研究家北岡泰典 1の2

 

映画「インセプション」のテーマ潜在意識を解説!変性意識の研究家北岡泰典 1の3

 

映画「インセプション」のテーマ潜在意識を解説!変性意識の研究家北岡泰典 1の4

北岡「技能ブラッシュアップ」ワークについて語る

北岡泰典は、北岡コース参加者および他 NLP 団体資格コース修了者、さらには、コーチ、カウンセラー、セラピスト、コンサルタント、トレーナー、プリゼンターを含む「士業」の人々向けの「技能ブラッシュアップ」ワークショップを企画してきています。

「技能ブラッシュアップ」ワークとしては、たとえば、以下のエリアに関する、各トピックに特化した 1 日間もしくは 2 日間程度のワークショップを開催することが可能です。

* アンカーリング
* リフレーミング
* サブモダリティ
* 心身論理レベル
* BATNA (「よりよい交渉同意の代替手段」と呼ばれる交渉術)
* 意識と無意識のラポールの取り方
* 「リーダーシップ力・カリスマ力・大いなる勘違い」の三大要素獲得術
* 右脳的体験の左脳的な論理的表現への落としこみ方 (および左脳的理解の右脳的経験への落とし込み方)

最近の北岡のプラクティショナー コース モジュールで、「技能ブラッシュアップ」ワーク上記のトピックに関しての北岡の説明がなされましたので、一部ビデオ クリップを二つ作成してみました。

北岡の「技能ブラッシュアップ」ワークに興味がある方は、ぜひ以下にあるビデオを閲覧してみてください。


北岡ビデオ クリップ、その一
「左脳的理解と右脳的体験の関係性と
なぜ北岡が左脳的説明をするのかについて」


北岡ビデオ クリップ、その二
「意識と無意識のラポールの取り方と
リーダーシップとカリスマの獲得のし方について」

北岡泰典独占インタビュー!

Untitled Document

NLP交差点という Web サイトでは、「NLP表出体系WEB診断」という第一弾企画が紹介されてきていましたが、最近、第二弾企画「NLP道案内この人@key」が掲載されました。

これは、NLP 業界の関係者にサイト管理者の key さんがスカイプ経由でインタビューして、その録音ファイルを公開するというものです。この企画の二回目のインタビュー対象者は私で、このインタビュー内容が、以下のサイトにアップロードされました。

http://blog.livedoor.jp/key_of_nlp/archives/cat_1453604.html

なお、同サイトの管理者は、収録インタビューの「後振り」で以下のように述べています。

「『NLP道案内この人@key』第二回放送、北岡泰典さんの話はいかがでしたでしょうか? 正直に告白しますと、北岡さんのお話は時に非常に難解な場合があります。本編でもおっしゃっていましたが、それは、北岡さんがおもちの知識、そして価値と信念体系の構造が幹を通って、枝葉に分かれて、末端の葉っぱまで、どのような構造体になっているかよくご存知だからだと思います。たとえば、私が、NLP について、枝葉の末端の葉っぱについて質問としたとすると、その葉っぱがつながる枝について、あるいは、枝がつながる幹の根元についての情報を、その質問の答えとして、直接お答えになる場合があります。そうしますと、葉っぱと幹の根元のつながりがわからずに、非常に混乱する、ということがあります。今回の情報を聞いていただけたリスナーの皆さんにも、 そういうふうに感じた方もお感じになった方がいるかもしれません。特に今回の放送には、『オフレコ』という言葉が何度かありましたが、結局はノーカット版でお伝えしています。もしよくわからないとお感じになった場合は、何度か聞いていただいて、それでもうまくつながらない場合は、ぜひ北岡さんのセミナーに出て存分の質問をしていただければと思います。」


無断転載は禁止されています。
(c) Copyright 2007, Taiten Kitaoka. All rights reserved.


▲このページのトップに戻る